The Explorer

Jul 1 2015

150423_0319

150416_0536

150423_0295

150423_0341

150423_0255

150423_0317

floorplan

150423_0354

Photography: kentahasegawa
Special thanks: Covac Inc. (www.covac-jp.com)

六本木ミッドタウンにある Design Hub でおこなわれた展覧会、〇〇〇も〇〇〇も〇〇〇も展のために、「エクスプローラー(アマゾンにいくぞー!)」という作品を制作しました。

ギャラリーの入り口付近におかれた、観光望遠鏡をのぞくと、目の前には 50m 離れた場所におかれた1台のコンピュータがあらわれます。望遠鏡側の手元におかれたマウスとキーボードを操作すると、遠く離れたコンピュータを操作できるようになっています。途中、他のお客さんが、望遠鏡とディスプレイの間にたってしまい、画面が見えなくなったり、不慣れな体制にカーソルが思うように動かなかったりと、いつもやり慣れたインターネットは 50m という距離によって、ぎこちなく、よそよそしいものになってしまいます。

遅く不便だった昔のインターネットは、スマホの普及やさまざまなウェブサービスの登場によって、今ではぐっーーと、わたしたちにとって身近になりました。でも、誰もがいつでもどこにいてもインターネットの中にいる時代になったいま、なぜか前よりも窮屈になっている気も同時にします。この作品は失われつつある「インターネットと距離」について探求したものです。

この装置を通して体験するインターネットは、自分の思い通りにいかない残念なものですが、情報を「前のめり」に吸収しようとしていたあの頃の姿を、思い出すことができるかもしれません。