Sep 19 2009

2009年に山口情報芸術センター(YCAM)で行なわれたセミトラ展 「tFont/fTime」。セミトラとして参加しました。インターネットを介してすべての作品が繋がり、それぞれの作品の集合から全体の雰囲気が生まれる展覧会では、ソケットサーバを通じてそれぞれの作品の状態を通信し合うような設計がされています。私は主に各作品の表示部分のプログラムを担当しました。

タイトルの「tFont/fTime」とは、「時間フォント/フォント時間」をあらわし、フォントが時間によって変化していくプロセスを視覚化する新しい発想から、文字デザインを探求するこころみです。 本展では、近年急速に進展しているオリジナルフォントのデジタルデザインにとどまらず、フォントの変化・変形を、身体をつかって自由に触れたり、作ったりするストリートやスケートカルチャーのクリエイティブセンスを複合的に導入しています。 インタラクティブな要素を取り入れたインスタレーションは、観客が参加しながら体験できるほか、ウェブサイトを通じてアクセスすることもできます。

Time produced by a typeface Exhibition of an installation + website born out of a new design idea The title “tFont/fTime” refers to the artistic process of gradually modifying a typeface (font) enhanced with a notion of time, and, reversely, mapping time with a font. This exhibition aims to explore and visualize novel typeface design ideas involving gradual transformation through an installation and graphic displays. In addition to experiencing the rapidly developing techniques of digital design that have produced a number of original typefaces in recent years, visitors to this exhibition will be able to control the transformation of a typeface directly at the venue or via the Internet. Look forward to an event charged with the creative sense of street and skating culture, manifested in works that a variety of people help created and-recreate by modifying typeface design and graphics.